So-net無料ブログ作成
検索選択

フルCGアニメ『バイオハザード:ヴェンデッタ』がクールな仕上がりになった理由

スポンサーリンク




 『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメーション3作目となる『バイオハザード:ヴェンデッタ』が、5月27日から公開中だ。上映館がだいぶ限られていることもあって、実写版映画シリーズと比べると注目度はやや劣るようにも感じられるが、観客からの評価はかなり高い。実写版とは別ベクトルで存分に楽しめる内容で、最高にクールな仕上がりになっている。

ほか画像

 『呪怨』シリーズの清水崇(エグゼクティブ・プロデューサー)、『機動警察パトレイバー』シリーズの辻本貴則(監督)、『PSYCHO-PASS サイコパス』の深見真(脚本)、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の川井憲次(音楽)と、制作陣を見ただけでも豪華さが伝わる本作。さらに、ゲーム販売元のカプコン・小林裕幸が原作監修を務めていることもあって、往年のゲームファンにとっては特にたまらない展開になっている。メインキャラクターのクリス、レオン、レベッカの3名はゲーム版の主要キャラでもあり、設定などもゲームからのオマージュが多い。序盤の洋館シーンもゲーム初期の舞台を連想させるものになっていて、筆者が劇場で鑑賞した際にも、このシーンで「懐かしい……」とつぶやく観客の声が聞こえたほどだった。

 とはいえ、ゲームシリーズをほとんどプレイしたことがない筆者でも十分熱中できたので、実写版のファンや、シリーズの予備知識がゼロに近い人でも安心だ。ゲーム以外からのオマージュも多く、実写版に登場するレーザートラップを彷彿とさせるようなシーンのほか、『呪怨』を連想させるホラーシーンもあった。実際に、辻本監督も舞台挨拶で「清水崇のリズムをパクったんです(笑)。なので、本作は清水監督へのラブレターのような一面があります」(引用:辻本貴則監督「バイオハザード ヴェンデッタ」は「清水崇監督へのラブレター」)と語っている。しかし、物語中盤以降はアクション要素が勝るため、序盤の手に汗握るターンさえ乗り越えれば、ホラーが苦手でも比較的見やすいように思う。

 また、CGの出来が非常にリアルなため、全編通してアニメーションというよりも実写映画を見ているのに近い感覚だった。背景や小道具、人物の汗ばんだ肌の質感など、本当に精巧でクオリティが高い。さらに、登場人物が外国人ということで、国内制作なのにセリフは英語でわざわざ日本語字幕をつけ、キャラクターの国籍によって訛りも再現されているあたり、洋画を見ているようなリアリティも感じられた。しかし、アクションシーンではCGの強みが存分に発揮される。ゾンビの俊敏な動きや、バイクに乗りながらのガンアクション、素早い弾倉交換などは、実写では再現が難しいだろう。監督が「ドラマパートでは実写作品で可能なカメラワークを徹底し、アクションシーンではその束縛を解き放って、縦横無尽にカメラを動かした」と言うように、カメラワークにも大胆な変化が見られる。

 中でも、敵のアジトでクリスとレオンが大勢のゾンビたちと対峙するシーンは圧巻だ。実写版のアリス(ミラ・ジョボビッチ)もなかなかにアクロバティックだが、今回はその何倍も華麗な銃さばきとふたりの連携プレーに鳥肌が立った。ガンアクション好きであれば、あの数分間のためだけに劇場に足を運ぶ価値があると言ってもいい。それぐらい、もう抜群にかっこいいのである。

 最後の方はやりたい放題でややツッコミを入れたくなる部分もあったものの、それでも「かっこいいからオッケー!」と笑って許せてしまう。バイオファンはもちろん、シリーズ初見でも気兼ねなく劇場に足を運んでみてほしい。
(この記事はエンタメ総合(リアルサウンド)から引用させて頂きました)
最新の稼げる暗号通貨














nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。