So-net無料ブログ作成
検索選択

AirMap、Rapyuta、Yuneec、世界のドローン企業が語る開発状況と規制問題

スポンサーリンク




 日本は、いま国家戦略特区でドローンの実証実験を積極的に推進しているが、まだ法整備も含めて課題も多い。当面は、農業、インフラ点検、さらにドローン配送などのB2B分野の応用が進みそうだが、世界に目を向けると、本格的な普及に向けた共通課題もあるようだ。AirMapのベン・マーカス氏、Rapyuta Robotics(ラピュタ・ロボティクス)のモーハナラージャ・ガジャン氏、Yuneec Technologyの田 瑜氏、楽天の虎石 貴氏ら、世界のドローン企業のキーパーソンが、ドローンの開発状況や空の安全管理、規制問題などについて議論を交わした。

【詳細な図や写真】YUNEEC technologyのVTOL型有人飛行機。ドローンのように垂直に離着陸し、飛行する際は固定翼のように飛ぶ。両者の利点を兼ね備える
(この記事はIT総合(ビジネス+IT)から引用させて頂きました)
→月額10万円をもらえるギフトモニター募集中
















nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。