So-net無料ブログ作成

南北合同チーム規模確定 北朝鮮選手12人合流=アイスホッケー女子

スポンサーリンク




【ローザンヌ聯合ニュース】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、韓国、北朝鮮の国内オリンピック委員会、大会組織委員会との4者会談をスイス・ローザンヌのIOC本部で開き、五輪史上初めてとなるアイスホッケー女子の南北合同チームの結成を確定した。

 平昌五輪に出場するアイスホッケー女子の南北合同チームは韓国選手23人と北朝鮮選手12人からなる。合同チームの登録選手は上限を超える35人となるが、試合に出場できる選手は規定通り22人となる。

 合同チームは朝鮮半島旗のユニフォームに「コリア」を使用する。国歌は「アリラン」に決まった。
(この記事は韓国・北朝鮮(聯合ニュース)から引用させて頂きました)

★あのプロトレーダーによる  3ヶ月の本格投資スクールが  今なら「全編無料」でもらえます。





nice!(0)