So-net無料ブログ作成

桐生祥秀が日本生命と所属契約!「世界の舞台でファイナリストに」

スポンサーリンク




日本生命保険は12月13日、陸上男子100mの日本記録保持者(9秒98)で、リオ五輪陸上4×100mリレー銀メダリストである桐生祥秀選手(東洋大4年)と2018年4月1日から所属契約を締結したことを発表しました。同日、都内で記者会見があり、桐生選手らが締結に至る経緯などを説明しました。

日本生命の説明によると、社員として入社するのではなく、複数年にわたる「所属契約」とのこと(土江コーチは「社員にならないという点では「プロに近い契約」と説明しています)。同席した土江寛裕東洋大学陸上競技部短距離部門コーチが引き続きコーチを務め、現在も拠点としている東洋大で練習を続けることとなります。記者会見で桐生選手は、所属契約締結に「ホっとした」と語り、「当面の目標は2020年の東京五輪に出場し、世界の舞台でファイナリストとして戦えるようになりたいと思います」と決意表明しました。

(この記事はスポーツ総合(All About)から引用させて頂きました)

★あのプロトレーダーによる  3ヶ月の本格投資スクールが  今なら「全編無料」でもらえます。





nice!(0)