So-net無料ブログ作成
検索選択

「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産国内候補に

スポンサーリンク




大阪府にある「百舌鳥・古市古墳群」が、世界遺産登録に向けた国内候補地に選ばれました。近畿で唯一、世界遺産がない大阪府。今回で4度目の挑戦でした。

31日、世界遺産登録に向けた国内候補に、大阪府の堺市・藤井寺市・羽曳野市にまたがる「百舌鳥・古市古墳群」が選ばれました。これまで3度、候補に名乗りをあげてきましたが、保存状態や周辺環境などが課題となり、いずれも落選。保存状態が悪い古墳を外して対象となる古墳を49基に厳選するなど、審議会に指摘されていた課題をなくし、4度目にしてようやく選ばれました。市民らは、「4回目ですもんね。やっとマルもらえたって感じです。ぜひ認定してほしい」「いいことだし、活気づいてもらいたい。景気悪いからね」と話しました。「百舌鳥・古市古墳群」は、今後、ユネスコなどによる調査を経て、2019年夏に世界遺産に登録されるかどうかが決まります。
(この記事は大阪(朝日放送)から引用させて頂きました)



nice!(0)  トラックバック(0)